資産オーナーの課題を、独立・公正・中立の立場から解決する

自己紹介と相続手続の業務について

金井「司法書士の業務=登記ってイメージですが、
素人でも登記手続ってできますよね?」
川俣「相続のような色々複雑な案件は、その解決の【過程】によって
『争い』を防ぐこともできるんです。」

導入

金井
今回の対談は、司法書士の川俣 高明先生 にお越しいただきました。今回のテーマは、『専門家の【差】について』みたいなものにしたいと思っていて、税理士・公認会計士・弁護士といった「士業」には、同じ資格を持っていても、実務の能力にかなりの『差』が存在していて、実務能力の高い人間は本当に数少ないと言えます。「昔ながらの友達から選んでいる」といった短絡的な動機から税理士等の士業を選んでしまうと、資産を失ってしまうことに繋がってしまうのです。
金井
ところがこの専門家の見極めって本当に難しいんですよ。「こういう仕事が得意」と言ってる人を実際使ってみたらぜんぜん実務能力がなかったなんてことはしょっちゅうです。小奇麗な格好の先生が全然能力がなかったかと思えば、みずぼらしい格好の先生がものすごい実力の高い専門家だったりと、見極めることは極めて難しい。
金井
私も一目で見極めるのは難しいですね。誰かから紹介を受けたり、簡単な実務の仕事を依頼してみて見極めるといった工夫をして、なんとか見極めている人もいるかと思います。
金井
今日のゲストは司法書士の先生なんですが、司法書士って、登記手続の代行などのイメージで、他の士業と比べてあんまり差が無さそうじゃないですか。登記って自分でもできてしまいますし。ところが全然違うのが現実なんですね。実力にあまり差が無いといった司法書士でも歴然とした差が存在します。
金井
僕は今まで色々な司法書士の先生を使ってきましたが、川俣先生は一番実力があります。知識・経験は豊富ですし、クライアントとの接し方含め、全てにおいて安心して仕事をお願いできる方です。安心できない司法書士の方が多いですから、何人クビ切ったことか(笑)川俣先生に出会ってから随分僕の負担も軽くなったかと思います。じゃあ、『他の司法書士と何が違うのか』その理由をお伝えできればと思います。
川俣
金井先生の対談相手にご指名いただきました川俣と申します。今、金井さんからお褒めの言葉をいただきましたが、私もいつクビにされるかわかりませんが(笑)これからもがんばっていければと思っております。多少対談テーマから脱線することもあるかもしれませんが、今お話いただいた「司法書士の違い」について本日お伝えできればと思います。

司法書士を目指し、専門家を志した理由

金井
ありがとうございます。それではまず最初に、川俣さんの司法書士の資格を得て、今の事務所に至るまでの経験・キャリアをお伺いしたいのですが、どうでしょう。
川俣
私は学生の頃は英文学科を卒業し、法律とは縁遠い人間でした。金井さんの講義の中で、「シンガポールには徴兵制がある」とありましたが、そういった国だったら私も人生生き急いだかもしれなかったですね。実は卒業したら、いわゆるニートみたいな形をしていた(笑)
川俣
そこから人生やり直さなければならないということで、友人に不動産鑑定士がいたのですが、その友人に「資格をとりたいが何がいいか」と聞いて、「何となく」という理由で司法書士を薦められたのがきっかけです。
川俣
ですので、どういった業務をするのかもわからず勉強して、28歳のときに資格を取りました。その後5年程都内の司法書士事務所に勤務しました。業務としては不動産の登記がほとんどで、相続や相談といった業務はやってなかったんですね。その後独立してから、登記を主な業務とする他の事務所と差別化しなくてはならないということで、積極的に会社の手続やM&A、相続といった相談業務などを多くやるようになりました。
金井
えっ、シンガポールいたんですか?
川俣
いやいや住んでないです。あくまで仮定の話で、住んでたら、ニートにならなかったかと思って(笑)
金井
ちなみに、ニートっていうのは、どうやって暮らしてたんですか?
川俣
もうその日暮らしで、毎日ぶらぶらして酒飲んでという人生を歩んでました。
金井
もう理想的人生ですね(笑)
川俣
今思えばそれはもう幸せだったなあと(笑)

誰に仕事を依頼したかで相続問題の結末が変わる、
専門家にしかできない問題解決の【過程】

金井
司法書士の仕事っていうと、イメージとして相続・贈与・不動産の売買
の名義変更とか、登記の代行というものを想像するのですが。
川俣
昔から司法書士というのは、書類を提出すれば登記の代行してくれるというイメージが強いかと思います。基本私は不動産や会社の登記手続が主な業務になりますね。
川俣
最近は雑誌等でも取り上げられているかと思いますが、信託といったものもはやっていて、特に「家族信託」というものは、司法書士業界が今積極的に進出しております。私自身も信託のコンサルさんと組んで、「家族信託」のようなモデルもいくつかやっておりますね。
金井
そうするとやっぱり登記がメインかなと思うんですが、一方で会社の登記なんか本人がやろうと思えばできるかもしれませんし、相続も分割協議書があれば、面倒な手間はあっても、時間が確保できれば自分でできる。それを司法書士の先生にお願いするメリットとはどういう点にあるでしょうか。
川俣
正直ですね、今金井さんが仰られたように、本人がやろうと思えば手続きはできます。というのも、昔の法務局だと素人の人が行っても何も教えてくれないのが当たり前だったんですが、現在の法務局ってものすごく親切にサポートしてくれるようになっているんですよ。
川俣
かといって我々司法書士が登記代行を行っても金ぴかの登記簿ができるわけではない。だから法務局に教えてもらいながら手続きするのとでは、結果としてはそう変わらないように見えるかもしれません。
川俣
ただ、単純な案件だと結果の違いが分かりづらいかもしれませんが、相続といった複雑な案件だと、例えば不動産オーナーの相続の場合なら不動産の名義変更という結果に結びつく。結果に至るまでの【過程】も重要なんですね。この【過程】が、司法書士が代行する場合の大きなメリットと言えますし、どの司法書士にお願いするかによって大きく変わってくるポイントであると思います。
金井
そうすると、誰に頼んだかによってどう違うのかということなんですけれども、具体例としてはどのようなものが挙げられますか?
川俣
司法書士が相続に絡む利点としてお話すると、仮にもめごとになってしまった場合、弁護士さんを立てるしかなくなる。つまり分割を法廷で争うなんてことになってしまうんですよ。でもできれば、遺産分割でのもめごとを公の場ではなく、身内の中での話し合いで解決したい方々もいるんですね。
川俣
弁護士さんが相続のもめごとに絡んだ場合、代理人としてそのクライアントさん第一の目線で問題解決しなければならないため、他の相続人のことも鑑みて問題解決することが立場上難しいんです。この点司法書士の場合は、代理人としての立場の問題がないので、円満な解決に結びつきやすいと言えるのではないでしょうか。
川俣
ただ、皆さんご存知のように、非弁行為といって、誰かのために交渉するといったことは中々できないんですが、他の人の意見を取り入れて相続人の方々に伝えたりすることで、相続争いのこぶしを振り上げる前に、問題を落ち着かせようとすることがあります。
川俣
私自身も関わった話で、遺産の額はすごく少ないんですが、相続人の女性5人が、当事者同士では熱くなってしまって話し合えないから、そのクッション役として調整役をやったんですが、それでも解決まで2年半かかりました。ですが間を取り持つ役の人がいなかったら、裁判になってたかもしれませんね。

対談企画

セミナー情報 個別相談

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5541-1186

対談企画 過去のセミナー実績

最近のセミナー情報

最近のお知らせ

PAGETOP
Copyright © K's Private Consulting All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.