LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

 テレビや新聞などのマスコミはほとんど報じませんが、銀行、証券会社あるいは不動産会社などが顧客から訴えられているケースは極めて多いというのが実態です。彼らの目的は、あくまでも「自社商品・サービスのセールス」ですから、彼らの商品・サービスを買うことのメリットばかりを大声で繰り返し連呼する一方で、デメリットについては一切触れないということが一般的です。

 このためデメリットを知らないまま彼らに言われるがまま意思決定をした結果、大損害を受けて裁判を起こす人が実は相当数存在しているのです。一方で金融機関などはマスコミの大広告主ですから、テレビや新聞はこのような情報の報道には極めて消極的です。しかも裁判官は「自己責任」を原則として判決を出しますから、裁判を起こしても勝てるケースは稀です。彼らのいうことを鵜呑みにすることの危険性と、独立・公正・中立の立場にある専門家の意見を得ることの重要性を、実際にあった判例を基に解説していきます。

<その他の弊社主催無料セミナーについてはこちらから・・・

概要

講義内容

<第一部>

『本当はこんなにある!テレビや新聞は決して言わない、金融機関や不動産会社などと富裕層の裁判!」』

【講師】

株式会社K’sプライベートコンサルティング
代表 金井 義家

  1. 証券会社に言われるがまま「節税対策」と考えて実行した海外不動産投資が税務調査で認められず~平成27年7月17日最高裁・LPS訴訟~
  2. 「空室リスク」も「レントロール」も「修繕費見込」もウソばかり。果たして建築会社に説明義務違反は認められるのか!?~平成28年10月14日東京地裁~
  3. 投資を巡る裁判の大原則は顧客の「自己責任」。「あんたも楽して儲けたり、税金ごまかそうとしたんでしょ」が裁判官の本音。
  4. 投資勧誘は「都合の良い真実だけしか言わない」が当たり前。「大きな会社の言うことだから大丈夫だ」と思っている人は、早急に考え方を改めよ。

<第二部>
『証券会社OBが大反論!顧客の資産を守るのは私たちだ!』

【講師】

株式会社K’sプライベートコンサルティング
代表 金井 義家

株式会社ブロケード コンサルティング·人材紹介事業部
担当執行役員 錦織 尚夫
昭和52年 早稲田大学社会科学部卒業。卒業後日本勧業角丸証券株式会社(現みずほ証券)に入社。各地の営業所に勤務後、昭和58年国際営業部主任に就任。国内外資系機関投資家に対する日本証券営業に携わる。帰国後、成城ほか三店支店長、海外法人ドイツ勧角バンク社長、事業法人部長、本店営業部長を歴任する。リーマンショック後の平成21年 希望退職に応募。現在は株式会社ブロケードで、証券会社の人材育成に携わる。アイザワ証券のコーポレートアドバイザーも勤める。

 

  1. なぜここまで嫌われるのか?証券会社の「売買手数料」によるビジネスモデルを解説。
  2. 今後は「預り手数料」へビジネスモデルを転換。それってどういう意味?
  3. 金融庁の言う「貯蓄から投資」は本当に進むのか。
  4. 証券会社は本当に「顧客志向」に変われるのか。

日時

平成31年6月18日(火)14時~17時

会場

東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
AP虎ノ門(11階B室)
(銀座線「虎ノ門駅」 9番出口 徒歩3分)
会場電話番号:03‐3501‐2109

お問い合わせ先

株式会社K’sプライベートコンサルティング
Tel.03-5541-1186

セミナーお申し込みフォーム

お名前(漢字)

フリガナ

参加人数

会社名等

部署名

役職

郵便番号

会社住所(なければ自宅住所)

電話番号

E-mail

備考

上記内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket